ロゴ

男性はagaに注意!

agaと呼ばれる男性型脱毛症は男性によく起こる髪が薄くなることを指します。男性ホルモンや遺伝が原因と言われていますが、対策を打たないと進行していってしまう症状です。早めに対策を打てれば薄毛で悩むこともなくなります。

比較してみよう!aga治療と育毛の違い

育毛は今ある髪を維持する

育毛剤は頭皮と髪の環境を整え、今ある髪を維持することに主眼が置かれています。もちろん環境が整った結果髪が生えることはありますが育毛剤自体には新しい髪を生やす効果はありません。

aga治療は発毛を重視する

aga治療は薄毛の進行度合いを見ながら投薬治療で進めるのが一般的です。合わせて患者の薄毛の悩みとしっかり向き合い、生活習慣の改善やメンタルのフォローを行うことで治療の効果を最大限に発揮します。

agaの治療に使われている薬について覚えていこう

医者

aga治療で使用される処方薬

使う薬は2種類あり、それぞれ効果が違います。1つ目のプロペシアは高い発毛効果のある薬です。2つ目のロゲインは血流をよくするミノキシジルを含有しています。aga治療薬は健康保険適用外である上に、継続的な服用が必要となります。薬をもらうたびに医師の診察と処方箋の発行を受けるので満足な結果を得るのにそれなりのコストはどうしてもかかってしまいます。

カウンセリング

aga治療薬の効果持続期間とは

主に使われる2つのaga治療薬はどちらも使用をやめると元に戻ってしまいます。効果が出たからと言ってすぐにやめてしまうと元の薄毛に戻ってしまいます。継続的に服用が必要な薬なので持続効果期間はそれほど長くありません。服用している間に薬の恩恵を受けている血行促進や発毛が可能な頭皮環境を整えておくと投薬をやめた後も元に戻る可能性が減ります。

薄毛治療の専門医院をサイトで紹介!

薄毛に悩む男性必見!試して欲しい薄毛治療の方法

男性

クリニックでの投薬治療

クリニックで診察を受ければ今の状態に合わせた治療が受けられる上に、効果の出る発毛剤を処方してもらえます。副作用が出ることもあるので医師の指示には必ず従うようにしましょう。

育毛剤の使用

育毛剤自体が髪を生やすわけではありませんが頭皮の環境を整え、今生えている髪を丈夫にしてくれます。今ある髪が維持できる環境は新しい髪が生えやすい環境とも言えます。無理して発毛に取り組む前に育毛剤で頭皮環境を整えるのも効果的です。

生活習慣の改善

食生活の乱れや睡眠不足は頭皮に悪影響を与えます。髪を作る細胞に栄養が行き届かなければ髪は生えず、今ある髪すら抜けてきます。髪が成長するのには不可欠な睡眠が不足することも薄毛の大きな原因です。

ストレス解消

薄毛の原因が心的なものにあるときは原因を取り除かなければ髪は維持できません。自分で効果的なストレス解消法を見つけるか、専門の医師を頼ってもいいでしょう。薄毛治療のクリニックでも相談に乗ってくれます。

治療を受けるときは頼れるクリニックを探そう

薄毛治療は長期間にわたる上に、ストレスや生活習慣など日常に直結する部分にも影響を与えます。クリニックを選ぶ際は単なる薬を出してくれる機関ではなく、しっかりと相談に乗ってくれ、寄り添って治療してくれるところを選びましょう。

薄毛がカバーできる女性向けの髪型を大公開☆

aga治療を東京で受けれるクリニックを紹介★

頭皮の髪を増毛する方法を紹介♪

埼玉でagaに困ったらここへ★

広告募集中